やっと手に入れたデュープリズムは・・・

やっと手に入れたデュープリズムは・・・

評判が良いのは知っていたけどなかなか市場に出まわらず、やっと中古屋で入手出来たゲームとして思い入れがあるのが旧スクウェアから発売されたアクションRPGの『デュープリズム』です。

このタイトルは今でこそアーカイブ配信されており非常に安く、簡単に入手可能ですが私がこれを入手した当時はプレステ2がメインストリームの時代であり

古いゲームは基本的に中古で買うしかなかったのです。

そしてこのデュープリズムについては・・・

少々財布に無理をさせてでも発売当時に買っておけばよかったと思わせてくれるのに十分な面白さを持つゲームでした。

登場するキャラクターたちはそれぞれに魅力的であり、ポリゴンは荒いながらもキャラの魅力を可能な限り損なわないデザインです。

またARPGとして、というよりアクションゲームとしてちょっとコントローラーをいじっただけでも「面白い」と確信できるほどの操作性の良さがありその期待は最後の最後まで裏切られることはありません。

さらに単体でも十分に練られていると思えるシナリオが主人公を選んだ時点で2つに分岐し、全然違うストーリーが展開されるという凄まじい作りこみっぷりに驚きを禁じえません。

先述の通り、現在ではアーカイブで入手することが可能です。

今のゲームと画像で比べてみたら間違いなく見劣りしてしまいますが、それでも私はオススメできると断言します。

例えば面白いゲームってなんだっけ?と頭がゴチャゴチャしてきた時に答えを差し出してくれる、そんな一本なのですから。

Categories: 未分類